2007.11.24
『宇宙の柳、たましいの下着』をめぐって
ジュンク堂書店池袋本店


出演
直枝政広
(ミュージシャン)
湯浅学
(音楽評論家)

 
という訳で行ってきましたよ池袋。
最初このイベントを知ったのは10月下旬でした。
イベントの詳細が出てこれはビックリ映画の初日と同じ日じゃないですか!
もちろんはしごする気満々でした。
実はこのイベント、最初は娘を連れて行こうかと思っていたんですが
試しに連れて行ってみた11/4のインストアライブの時に
少し…いやかなり暴れまくってしまい
ああまだこういう騒がしい所であるライブはいいけど
(あんまり良くないけどw)
静かな所で喋るトークショーなんかには
とてもじゃないけど連れて行けないわな…
と思って結局ひとりで行く事にしたんですよ。
ええ、はっきりいって正解でした。
もし連れて行ってたら絶対2ちゃんで叩かれていただろう…
2ちゃん怖い。((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

そんな感じで娘を託児所に押し込んで単身池袋へ。
会場に着いたのは5時半ちょっと過ぎくらいだったんですが
もう人が10人くらい並んでました…
みんな来るの早いよ!
そうはいいつつも自分も並んだんですがね。
並んでいる間に直枝氏が何度か前を通り過ぎました。
良い目の保養になりました(笑)
そんなこんなで入場が始まり中へ。
満員御礼が出ていたくらいなので、席はほぼ埋まってました。
お客さんが入りきって少し経った頃、時間丁度にトークセッション開始。
直枝氏と音楽評論家・湯浅学さんが登場。
まず最初は「お互い同じZ大学」という話題から。
そして今回の直枝本の話に。
最初映画にあわせてガイド本みたいなのを作る予定だったのが
取材をしていくうちに入り込んだという話に。
そして最初アイドル本みたいなのを作る予定だったとか。
「ゴーストライターが書いて」みたいな(笑)
ちなみにアイドル本は本根さんのアイデアだったとか。
いやぁさすが社長w
あ、あと直枝本の仮タイトルは「長い散歩」だったとか。
まあそんな感じで本の話をしているうちに
話題はいつの間にか最初に買ったレコードの話に。
直枝氏が最初に買ったレコードは「帰ってきたヨッパライ」
親戚のおじさんが買ってくれたとか。
気になるお値段はなんと280円。
や、安い…そんな時代があったんですね…
ちなみに私が一番最初に買ってもらったレコードは
ピンクレディーのサウスポー、多分700円だったかと。
そんな感じで佐野史郎の名前が出たり
彫刻科は強いという話題が続いて
レコード屋の話題に。
店の名前とか以外に覚えているという直枝氏ですが
最近は柏のユニオンばかり行ってるそうで
店長から良く電話がかかってくるとか。
そしてユニオンの店員は一点モノのレコードが買えないという規則があるらしく
「ユニオンの店員には絶対なりたくない」と言っておられました。
そしてレコードのお話から次はオーディオの話へ。
オーディオに関しては全然遅いという直枝氏、凝りだしたのは
本当ここ10年くらいで
それまでは普通の一般家庭にあるようなオーディオを使っていたそうです。
そしてスピーカーはダイヤトロンだとか
割と乾いた音が好きとか
真空管は時々なってもいないのに突然音が出るとか
ギターアンプは置く場所によって音が違うとかそういう話を。
そして唐突にまたレコードの話に戻り
「70年代はよくレコードを買うけど
(学校を)卒業すると買うのをやめるのは何故?
そして年いってから買い戻すのは何故?最初から売らなきゃいいじゃん」
と力説する湯浅氏。
そこから何故か最初に行ったライブの話に。
直枝氏が最初に行ったライブはバッド・カンパニーで
当時5000円だったそうで。
しかも「とりあえず予約して親に泣きついた」そうだ(笑)
しかしそこまでして行ったライブはステージ真後ろの席で
ポールのケツしか見えなかったそうです(笑)
そういやこの話をしてる時、直枝氏が突然むせてました。
「年取るとむせやすくなる」と言い訳。
そうなのか〜
湯浅氏が「ニール・ヤングの初来日公演は行ったんですか?」という質問に
「その頃寮に入ってたから行けなかった」という直枝氏。
そしてそこから次はライブの録音話に。
湯浅氏はデンスケを持ってサンプラザのトッドを録音したとか
電池を入れると5.5`あったとかそんな話を。
当時は録音にあんまり五月蝿くなく
手持ちでマイク持ってても何も言われなかったらしい。
ああ、なんていい時代なんだ(笑)
そしてまたレコードの話に逆戻り。
京浜急行沿いにはレコード屋がたくさんあったという話や
銀座ハンターのごちゃごちゃした世界が好きだったとか
森高さんの印税でレコードいっぱい買った(笑)とか
岸部シローに勝ちたいとか
小西くんもいっぱい買うとか
小西君が僕(湯浅氏)の本を手にとって読んでて
そのまま本棚に戻されたとか
その話を受けて直枝氏が柏のユニオンで並んでいたら
前にいた人がホプキンス・クリーク持っていた話をまたしたりとか。
そして気が付くとまた直枝本の話題に。
「本当レコードの話ばかり」という直枝氏。
「純粋でちょっと羨ましい」という湯浅氏。
そして「カネをやっていけるのはレコードのおかげ」と直枝氏。
そしてこの本のカギは索引です!と断言。
良くぞここまでやったなとべた褒めでした。
なんでも索引だけで2000あるんですって…それはすごい…
まあそんな感じで最後になんかの雑誌で「年代別ベスト100」
とかいう企画があったらしいんですが
それの1位がセックス・ピストルズなのは納得いかない!
と吼えてイベントは終了いたしました。

まあそんな感じでだらだらしたりいろんな所に話が飛んだりと
かなり緩くて面白いイベントでした!
そういや最後に時間が少しあるからと
質問のある方いませんか?と聞かれたんですが
誰も質問する人いませんでしたね…
まあ質問なんてそう簡単に思いつかないよねw

イベントが終わった後は映画初日を見に行くために
会場にいた皆さんが吉祥寺へ民族大移動。
もちろん私も吉祥寺に向かいました!

吉祥寺バウスシアター編に続く






ライブレポTOPに戻る

日記indexに戻る

ささみのお部屋indexに戻る








SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー