2007.9.9
東京ボロフェスタ
渋谷o-nest


出演

ゆーきゃん
nhhmbase
タカツキ
FLUID
ゲントウキ
ロボピッチャー
イルリメ
THE BEACHES
赤い疑惑
ULTRA Jr.
[ JJ(from Limited EX.), hide(from Ultra bide), Reo(ex. ni-hao!) ]

DJ 西村道男(Nur.,新宿Rolling Stone)


タイムテーブル。
下が余り気味なのはカメラの仕様ですw

そんな訳で行ってきました東京ボロフェスタ!
最初ロボピッチャーのHPで知ったので
てっきりロボピッチャーの普通のライブなのかと思っていたんですが
イベントの詳細が出てみたらなんと!東京ボロフェスタですよ!?
実はボロフェスタ、すごく興味があって
前から(といっても1年ほど前から)行ってみたいと思ってて
今年はがんばって京都まで行こうかなと思っていたんですが
思いもよらず東京でボロフェスタが見られるという僥倖。
しかも東京では見られない、そうそうたる面子ですよ!?
そんな訳で東京ボロフェスタの日がくるのを
とても楽しみに待っておりました。

そんな感じでイベント当日、もうわくわくしながら会場へ。
15時開場だったので、15時ちょっと過ぎに会場に着いたら
まだ開場してなくて、入り口に人がたまってる状態。
まあ私が着いてすぐ開場したのでそんなに待ちませんでしたが。
しかしまさか一番最初に会場に入る事になるとは…
チケットに振ってあった番号、何の意味もないじゃん(笑)

入ったばかりの誰もいない所をぱちりと。
なんかこのイベント何気に写真撮り放題でした(笑)
いや本当はダメだったのかも知れませんけど
何もいわれなかったので色々撮りまくってました。
(でもアーティストの写真は撮ってないよw)
 
こんな手作りのボロフェスタロゴがいたる所にありました。
まあそんな感じで中に入ってすぐのロビーの所にステージができていて
ここで全員ライブするのか…と思ったんですが
ステージは下のメインフロアと合計2ヶ所あって
交互に演奏する形式でした。
そりゃそうだよね、ここで全部やる訳じゃないだろう(笑)
しかも上が終わったら下が始まる…という風に時間が重なってないので
見ようと思えば全てのライブが見られるという親切設計でした。
まあ私は撤収・設営を見るのが大好きなのと
人があまりいるのがあまり好きではないので
人がいない、撤収・設営している所をだらだら眺めていましたが。

まあそんな感じでDJタイムと
三条ハンソンのオープニングの後出てきたのは
(三条ハンソンって…東京で知ってる人いるんだろうかw)
このボロフェスタの主催のひとりでもあるゆーきゃん
本当はこの日、福岡でライブがあったのですが
せっかくのボロフェスタだからと、無理矢理都合をつけてやってきたとか。
そんな訳でこのライブ終わったら福岡に向かいますとの事。
すげえやゆーきゃん。
私はこのイベント、ロボピッチャーの次に見たかったのがこのゆーきゃんだったので
もうゆーきゃんの目の前で体育座りして見ました(笑)
この日のゆーきゃんはグレーのTシャツに
鎖状の物体を首からかけてました。しかも裸足でしたよ。
相変わらずささやくような声で歌うゆーきゃん。
知っている曲は最後にやった「sang」だけでしたが
もう1曲目からゆーきゃんの世界に引きずり込まれました。
そしてゆーきゃん、練習中天井のでっぱりに頭をぶつけて
なんと額から血を流しながら歌ってました(笑)
「流血ライブ」とかいってましたけど…大丈夫なのか!!!???
そして最後の曲の時、なんとお客さんがいるフロアにギターを持ってきて
お客さんと同じように座り込んで歌うという芸当を。
マイクも何もない、生のギターと生の声だけの曲でした。
「日本一小さい声なんで、聞こえなかったらごめんなさい」
といいつつ歌ってました。
いやぁ面白かったです。
そんな感じで久しぶりのゆーきゃんを堪能しました!
ちょっと物足りなかったんだけど、なんか調べたら
10月に東京でロボピッチャーと対バンするらしいので
今からそれを楽しみにしておきますw

そんな感じで最初のゆーきゃんが終わって、お客さんが5階へ大移動。
ほぼ誰もいなくなった6階でマターリしていたら
とある男性に声をかけられました。
誰かと思ったら、前回のロボピッチャーのライブ
私とじゃんけんをして勝ち、見事森さんのカメラを勝ち取った方でした。
なんとあの時の写真を焼き増しして持ってきて下さったのです!
あああ、もう嬉しくて嬉しくてビール奢っちゃいましたw
本当ありがとうございました。
まあそんな感じでニヤニヤしながら写真を眺めたりしつつ
気が付いたら次のライブの設営が始まってました。
なんかでかいウッドベースみたいなものが出てきましたよ?
なんかタカツキという人らしい。
ウッドベース一本でラップやってました。
面白かったです。
しかし途中からすごい人で身動きが取れなくなってしまったので
命からがら脱出しました。

そんな訳で5階のライブスペースに行ってみたら
まだ次のライブのサウンドチェック中でした。
その様子をぼ〜っと眺めていたらなんと
後ろの方にボロフェスの主催のひとり、にしき屋の加藤さん(笑)と
ロボピッチャーのベース担当、有田さんが。
とりあえずご挨拶してきました。
今回SCRAPはないのか聞いて
(荷物が重くて持ってこなかったらしいw)
今後のライブ予定を聞き出してにんまりしてました。
(10月2回かと思ったら3回も…!)
他にも色々お話しましたが、福島の話があまりに面白かったのでヒミツw
(知りたい方はメールで個人的に聞き出してくださいw)
それと今回のボロフェスの楽しみ方も伝授して頂きました。
まあその楽しみ方は全く生かされませんでしたが。
(本当スミマセン)

まあそんな感じでお話していたら
次のライブが始まりましたよ。
FLUIDという、ハードロックバンドでした。
しかしアニヲタらしい(笑)
ええと、デスメタルっぽくって何を言っているのか分かりませんでしたが
面白かったです。ダイブも見れたし。
ていうか後ろで煽ってた加藤さんを見ている方が面白かったです(笑)

FLUIDのセットリスト

1.アイキャッチ
2.新曲
3.エスケープ
4.あっち曲(ファーストテスト)
5.とてとてと
6.you break

注・ステージ前に貼ってあったセットリストをそのまま写しました。
なんでどっか間違ってたらスミマセン。

証拠写真。
しかし右の人と左の人でセトリに書いてある事が違うってどうよ(笑)

そんな感じでFLUIDのライブが終わった後はまた上へ。
ゲントウキのライブを見に行きましたよ。
実は3番目に見たかったのがゲントウキだったので
最初から最後まで見たかったのですが
5階では今まさにロボピッチャーの設営をやっていると思うと
もうそっちも見たいという欲望が…
まあそんな感じで3曲目まではゲントウキ見ながら戦ってたんですが
結局自分の欲望には耐えられず、3曲目の途中で5階へ行きました。
本当スミマセン。
ゲントウキのライブはすごく良かったんですけど…
特に2曲目の曲がかなりツボでした。
そしてMCで「インターネットでゲントウキを検索して
いろんなページを見まくるのが趣味」
と申しておりまして、まさかmixiまではやってないだろうと思って
mixiの日記にゲントウキとちょこっと書いてみたら

本当に見に来ました(笑)

この方mixiもやっていたのね…
いやぁビックリしました。

ゲントウキのセットリスト

1.満たされて心は
2.号外とスクランブル交差点
3.雨上がりの朝
4.新曲
5.ギラギラ太陽を背に
6.素敵な、あの人

あしあとついでにmixiで「2曲目の曲名を教えて下さい」と書き込みしたら
丁寧に答えてくださいました。ありがとうございます!
とりあえず幻燈名作劇場買って勉強したいと思います。

そんな感じで5階に降りていったら丁度音合わせの最中でした。
音を少しずつ出しながらPAさんに指示をしていましたよ。
そんな様子をニヤニヤしながらガン見。
しかもサウンドチェック兼リハーサルで
なんと2曲も演奏したんですよ!!!!!
まあリハーサルなんで途中までだったんですが…
あああ、本番ではやらなかった曲だったのでなんかすごく得した気分。
もちろんリハーサル中だというのにノリノリで首振ってましたが何か。
(まあリハーサルという事でw)
そんな感じでサウンドチェックが終わりメンバーが引っ込んでから
ステージ前に移動。
有田さんと加藤さんの目の前という
私にとってベストポジションに陣取り戦闘態勢。
もういつでも来い!状態です(笑)

誰もいないステージの上のドラムとギター。
しばらくは上のライブが長引いてて人もまばらでした。
三条ハンソンの中の人が紙風船で遊んでいるのを眺めたりしてました。

そんな感じで上のライブが終わり、人がわらわらと降りてきて
あっという間にフロアには人でいっぱいに。
程なく三条ハンソンのふたりがステージ上に登場して
ロボピッチャーを紹介。
(ていうかロボピッチャーとは全く関係ない喋りでしたがw)
いつもの「before day-lights」が流れ4人が登場!
約4ヶ月ぶりのライブだったのでもうドキドキワクワク。
1曲目は「キノコ」でした。意外!
この曲もライブでやるんですね。何気にライブで初めて聴きました。
2曲目は「ループ」
はい、毎度お馴染みのキラーチューンです(笑)
この曲がないとロボピッチャーのライブに来た気がしません。
「ループ」の後、MCが。
本日はボロフェスタに来ていただきありがとうございますという謝辞から始まり
「死んだらええねん、行ける所まで行こう」で終わりました。
(間は…覚えていないw)
そして次の曲はしばらくやってなかったので歌詞忘れてるかも…
といいつつ「チンパンジー」を。
うはぁ…久しぶりに聴くなぁこの曲。
ていうかこの曲、カンペもナシにすらすらと歌ってしまう加藤さんはすごいと思います。
(私なんかCD聞き込んでるクセにたまに歌詞が分からなくなるぞ!)
そして次の曲「ミクロ」は…もうすごいの一言。
あまりのすごさにもう途中で胸が詰まってきて
危うく目から汗が出る所でした。
一番盛り上がる所のドラムアレンジがCDと少し変わっていて
それがまたドラマティックで素晴らしかったです。
加藤さんの「また会おう」にぐっときちゃったよ。
そして「ミクロ」が終わった後、加藤さんが
「なんて素晴らしいんだ」を連発。
(いや本当に素晴らしかったけど…自分で言うか!?)
なんか感極まってて何いってるのか分からん状態で面白かったw
「お父さん、お母さん。僕を生んでくれてありがとう。
京都の両親の電話番号を知っている人がいたら今すぐ電話して
『お宅の息子さんは良い歌歌ってる』といってください」
「高校の時自殺しないでよかった」
とまあ、こんな事をのたまいながら本当に泣いてました。
(泣いてたよね?)
で「こんなに良いライブをしてCDが1枚も売れなかったらロックやめる」と言って
伊藤さんに「黙ってても良い曲やれば売れる」と突っ込まれてましたがw
そして最後に「これがロックじゃあ〜!」と絶叫。
本当毎回微妙なMCですね、はい。
(それがまた良いw)
とりあえずそんな事をいいつつ、次のライブの告知もありました。
ええ、もちろん行きますとも。
そして早いものでもう最後の曲で
最後の曲は「わたしの形の溶けたチョコレート」
ライブで初めて聴く曲で、なんか夢中で踊りまくってしまい
気が付いたら別世界にトリップしてました…
ありちゃんの手の動きは魔法のようでした。

ロボピッチャーのセットリスト

1.キノコ
2.ループ
3.チンパンジー
4.ミクロ
5.わたしの形の溶けたチョコレート

5曲と短かったけど、その分濃い内容だったので
個人的には満足です。
もちろんリハーサルの2曲が聴けたのも大きいですが(笑)
ちなみに持ってきていたCDですが、「アリバイ」は完売していたので
ロックをやめる事はなさそうです。安心w

ロボピッチャーのライブが終わって
かなり放心状態になってしまった私。
気が付いたら頭振りすぎて首も痛くなってしまったので
このまま帰ろうかな…と思ったんですが
なんだかんだとだらだらしていたら結局最後まで見ていましたw
ロボのライブが終わって少し経ってから上にあがったんですが
イルリメのライブの最中でした。

私が来たときは既にこんな感じで人がいっぱいで
ほぼ見えませんでしたが。
いやぁ聴いてるだけでも面白かったです。

そしてイルリメが終わって人がはけた後
ふと見るとバーの所で食べ物を売っていた事に気が付きました。
なんでも特製のご飯という事で食べてみる事に。

特製ボロフェスタ丼。
九条ねぎを使っているらしい。
ちなみに500円でした。
 
お味の方は…お肉が2種類入ってて、ピリッとした辛さの中に
まろやかなマヨネーズがアクセントになっていて
なかなか美味でございました。
ただ量が少なくてこれだけじゃお腹いっぱいにならなかったのが難点でしょうかw
そんな感じで私がボロフェスタ丼に舌鼓を打っていると
フロアのステージには既に人だかりが。
次のバンド赤い疑惑のメンバーがサウンドチェックをしていました。
ていうかサウンドチェックの段階でこんなに人だかりが…?
一体どんなバンドなのか、かなり楽しみにしてました。

しばらくして下のステージが終わり
下からわらわらと人が戻ってきて
相変わらず三条ハンソンの微妙なトークと紹介でライブが始まったんですが…

すごかった!

なんか休止していて9ヶ月ぶりに復活したらしいんですが
今回復帰初ライブだったらしくいきなり客席でお客さんと大合唱。
しかもこのバンドのファンの方々がかなり熱い方達ででした。
ここ、ステージと客席の境もないようなスペースだったんですが
そんな所でダイブしますか…!!!???
いやぁすごいものを見せてもらいました。
なんかライブが終わっても1部のお客さんが帰そうとしなかったりしてて
面白かったです。
曲もなかなか熱くて良かったです。
ああセットリスト知りたい。
誰か教えてくださいw

まあこんな感じで私が見たライブは以上でした。
最後ここでDJの西村道男さんが回してたんですが
なんか踊っているのはスタッフばっかりでした。
それを見てて、私が結婚前にスタッフをやっていた
まだダンパがあった頃の某JCFのイベントの最終パートを思い出して
なんだかこそばゆい気持ちになりました(笑)
実にノリが似ている…
(まあ一部の人にしか分からんだろうけど)
まあそんなことを思いつつ、物販スペースにいたロボピッチャー伊藤さんに
「今着てるそのTシャツ5000円で売ってください」と絡んでみたり
やっぱりロボピッチャー有田さんに
「本家京都のボロフェスもこんな感じなんですか?」と質問したりして
(もっと開放感があるらしいぞ)
最後に加藤さんに挨拶されて帰宅いたしました。

そんな感じで初めての東京ボロフェスタ、目いっぱい堪能してきました!
普通のライブとは違う、お祭り的な雰囲気があり
しかもお客さんもゆるゆるでまったりとイベントを楽しんでいて
とても楽しかったです。
ああ、こんなに楽しいと本家本元の京大西部講堂のボロフェスタに
行きたくなってしまうじゃないですか…
実は今、行こうかとかなり悩み中です…(笑)






ライブレポTOPに戻る

日記indexに戻る








SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー