2008.4.11
Carnation 25th Anniversary
25年目のカーネーション
「シュガータウンの荒馬」
渋谷 CLUB QUATTRO

看板
私がこのライブの事を知ったのは、2/2の赤坂グラフィティ
この日渡されたフライヤーの山の中に
このライブのチラシが入っていたのですよ。
(画像はこちら
しかもこの日のライブ中の告知で

久しぶりの3人編成

と直枝氏がいっちゃったもんだからもう大変。
だって3人編成ですよ!?
最後に3人編成のカーネーションを見たのが2006年の7月だったので
かれこれ約2年ほどトリオのカーネーションをみていない事に。
なんでもうこの日が来るのを楽しみにしていましたよ!

そんな感じで当日、もうwktkしつつ渋谷へ。
開場10分前にはクワトロの前に着いているという気合の入れっぷりw
まあ今回は整理番号があまり良くなかったので
2列目直枝氏側で観戦。
でもまあ2列目くらいならまだガマンできるw
そして一緒にみる友人とだべりつつ
物販で本日限定のTシャツを買ったり
トイレに行って着替えたりして開演を待ちました。
ちなみにTシャツは完売したそうですな。
買うかどうかで迷っていたけど買って良かった…!

開演10分後くらいに、いつものフランク・シナトラが流れ
メン3がステージに登場!
もうね、出てきた途端ものすごい歓声と拍手の嵐。
もうこの時を待っていたぞ!といわんばかり。
そんな中、それぞれの持ち場へと行く3人。
マイクの前に立ちギターを抱え、一瞬会場を仰いでお祈りする直枝氏。
(やっぱ緊張してるのかしら?)
1曲目は「Rock City」
その時私の頭の中には、やっぱりこの曲が1曲目だった
(厳密に言うとちょっと違うんだけど)
2005年12月のライブが唐突に浮かんでおりました。
当時のワクワク感が蘇ってきましたよ!
そしてこれから何が起こるか分からないドキドキ感で胸がいっぱいに。
2曲目は「学校で〜」
ここ最近の定番曲ですね!
しかしこの曲の途中か後かは忘れてしまいましたが
スピーカーの上においてあった、ゆるず氏の水が
ぼとっと落ちたのに笑ってしまいました。
そして「ハイウェイ・ソング」「やる果て」と続いてMCが。
直枝氏「今日はようこそ」とご挨拶。
「年度初めの忙しい中お越し頂きありがとうございます」
というような事を言ったような。
(今日は仕事定休日だけどな!と心の中でツッコミを入れましたw)
更に「今年は25周年、一緒に祝う感じで」とのお言葉を。
もちろんそのつもりですよウフフ。
そして唐突に「ここでメンバー紹介を」と言って
ステージ上のメンバーを紹介。
(3人しかいないけどw)
最後に「じっとりといきたいと思います」と、最初のMCを〆。
いやぁもう準備運動はバッチリですよ!
MCに続いて「体温と汗」
いやぁじっとりきましたわ〜
そして「LEMON CREME」
もう大好きな曲で、本当久しぶりに聴くので
私のテンションはここで急上昇ですよ!
本当この曲はあがります。
次の「オフィーリア」にはビックリ。
え?もうここでやっちゃうの!?みたいな。
なんか最後にやる曲って感じなんだよね、これ。
(でも実際ラストにやったのってあまりないんだけど)
そして曲が終わった後、ホッとしたのか
ふう、とため息をついた直枝氏でしたw
そしてここで直枝氏がエレキギターからアコギに持ち替え
再びMCタイムへ。
「今日はギリギリです」と直枝氏。
やっぱ3人だけっていうのは、かなり大変なのかしら?
そんな感じで直枝氏が喋っている間に
ステージの隅においてあったキーボードがセッティングされました!
誰がキーボードを?と思ったら、なんと矢部さんが…!
ゆるず氏が「キーボードが出てきてドラマーが座るってないよね」
と一言。
特殊なバンドだよね、とさらに追い討ちをかけておりましたw
でもそういう、何が飛び出すか分からないのも
カネのライブの楽しみのひとつだったりしますw
そんな感じで、矢部さんキーボード、直枝氏アコギで
演奏したのは「未来の恋人たち」
この間FCの会報に付いていた特典CDに入っていたアレですね!
まさかまた聴く事ができるなんて…
また矢部さんが足攣るんじゃないかとハラハラしましたが
大丈夫でしたね(笑)
そして矢部キーボードはこれだけかと思ったんですが
なんと更に1曲、しかもその曲は
「恋するためにぼくは生まれてきたんだ」

うわああああああああ…!

もう3人では絶対やってくれないだろうと思っていたのに
こんな形で聴く事ができるなんて…(感涙)
もう素敵なキーボードの音と
直枝氏の歌声にうっとりでした。
そして次の曲の「車の上のホーリーキャット」と続き
(これも3人ライブ初?)
ここで久々に「ゆるず氏、語る」コーナーですよ!!!!!
ああ、このコーナーも久しぶり…
(もしかして一昨年5月のロボライブ以来?)
今回はまず直枝氏の「衝撃の事実」発言から始まりました。

なんとゆるず氏、中学の頃すもうとりだったらしい…

工工工エエエェェェェェェ(´Д`)ェェェェェェエエエ工工工
なんか当時野球部だったのにもかかわらず
相撲部から猛烈アプローチを受けて試合に出る事になり
いざ戦ってみたら結構強くて
武道館1歩手前までいっていたとの事。
「強くて自分でもやばいと思った」そして
「そのまま進んでたら今ここにはいなかった」と語るゆるず氏に
「いないと困る」という直枝氏。
いやぁ人に歴史ありと申しますが
まさかゆるず氏にそんな過去があったとは…!
そんな話の後で「次はゆるずが歌います」と
「なにかきみの〜」をゆるず氏ボーカルで。
直枝氏の声にうっとりした次は、ゆるず氏の声にうっとりする番ですよ!
いやぁゆるず氏の声、大好きなので
もう半分くらいゆるず氏ボーカルでいいよと思っておりますw
そんな感じで一休みタイムが終わった後は
怒涛のダンスタイム突入ですよ!
「REAL MAN」もすごかったけど
その次の「ゴング・ショウ」はもっとすごかった…!
もう獣のように吼えまくってきましたよ。
そういや「ゴング・ショウ」やった後にMCがあったんだけど

「アルバム絶対出すのでお楽しみに」

だそうです。
これは楽しみですね!
しかし本当に出るんだろうか、ちょっと心配。
せめて「夏くらい」とか「秋頃」とか言ってくれないと
イマイチ信用できないw
しかも大体予定より1シーズンずれるのが定番だし…
そしてまた怒涛のダンスタイム再開。
獣のように吼えたといえば「クエスチョンズ」も
すごい勢いで「大きなお世話だよ!」と叫んできた(笑)
もうこんな感じでかなり暴れまくっていたのに
クエスチョンズの次の「モーレツな人 モーレツな人生」には

Σ (゚Д゚;) エェエエェェェエ〜〜!!!!!

と思ってしまいました。
いや悪い意味ではなくむしろいい意味で
まさかここでこの曲を聴く事ができるとは…
という意味での心の叫びでした。
てかお客さんの殆どがそう思っていたらしく
この曲のイントロが流れただけで
すごい悲鳴と歓声があがっていたw
お客さんの反応もすごかったけど
演奏ももちろんすごかったです。
しかしもっとすごかったのはその後の「ボイン」でした…
前回同様飛びまくりで気が付いたら足が痛い痛い。
ボインには私を狂わせる何かが潜んでる…w
ボインの後の「モーサイ」はもう死ぬかと思うくらい辛かった…
とかいいつつ暴れまくっていたんですが。
んで、気が付いたらいつの間にやら最後の曲。
ええ、早いよ!と思いつつ最後は「摩天楼に雪が降る」
Willowバージョンじゃない、轟音摩天楼で〆てくれました!

鳴り止まないアンコールに、割と時間をかけて出てきたメン3。
直枝氏もゆるず氏も今回出たTシャツに身を包んでいますよ!
(ちなみに私はゆるず氏とペアルックでしたw)
直枝氏、今日のこの3人ライブに手応えを感じたみたいで
「がんばれるような気がしてきました」
と語っておられました。
そして「初めて歌う曲で緊張する」と言い、またしても矢部さんがキーボードで
ビートルズのカバー曲の「The Long And Winding Road」を。
ええと、直訳すると「長く曲がった道」ですかね?
でもこれがすごく心に染み入る曲でした。
これの翻訳した歌詞をどこかのサイトで見たんですが
「もう迷わないんだ」という、カネなりの意思表明だったんじゃないかと。
(という事はもう「十字路」はやらないのかなぁ…?)
そんな感じで1回目のアンコールは1曲で終了。
続く2回目のアンコールはいきなり直枝氏の
「脱いだらチタンテープが見える」
という衝撃的な一言でスタート(笑)
ところでそのチタンテープは効き目があったんでしょうか?
そして「72歳でナンバーワンヒットを出す」宣言をし
(今から更に24年後かよwwwww)
「ANGEL」を演奏。
子の曲の時は相変わらずゆるず氏ガン見の私。
今回も吼えるように歌いながらベースを弾いておりましたよ!
いやぁいいアンコールでした!

「ANGEL」が終わった所でどうやら全て終了…だったはずなんですが
あまりにもすごいライブだったせいか、客電がついて
追い出しの音楽が流れ始めてもお客さんは誰も動かず
ひたすらアンコールの拍手。
これはお客さんが先かカネが先かの
ガマン大会ですね!
てな訳で多分10分くらいがんばって見事メン3を引き出すことに成功!
「もうやる曲がない」といいつつ直枝氏登場。
ゆるず氏なんか「もう着替えちゃった」といって笑い
極めつけは矢部さんの「シャワー浴びちゃった」発言でしょう(笑)
てかクワトロにシャワールームはあるのかw
そんな訳で最後の最後に「愛のさざなみ」で終了!でした。
いやぁ最後のさざなみはすごかった〜!
またしてもウェーブが起こってたし。

セットリスト

1.Rock City
2.学校で何おそわってんの
3.ハイウェイ・ソング
4.やるせなく果てしなく
5.体温と汗
6.LEMON CREME
7.オフィーリア
8.未来の恋人たち
9.恋するためにぼくは生まれてきたんだ
10.車の上のホーリー・キャット
11.なにかきみの大切なものくれるかい
12.REAL MAN
13.ゴング・ショウ
14.New Morning
15.クエスチョンズ
16.モーレツな人 モーレツな恋
-うちにかぎってそんなことはないはず-
17.ダイナマイト・ボイン
18.MOTORCYCLE&PSYCHOLOGY
19.摩天楼に雪が降る

アンコール

20.The Long And Winding Road
(ビートルズの曲)

アンコール

21.ANGEL

アンコール3

22.愛のさざなみ

看板
ライブが終わっても貼りっぱなしだった
7/12都まつり、チケット先行販売。

そんな感じで約2時間半22曲、がっつり楽しんできましたよ!
もう満足しすぎて「もうずっとトリオのライブでいいや」
と思ってしまったくらいです。
まあサポートありのライブは、それはそれでいいんだけど
今の直枝氏に必要なモノはズバリ「ギリギリ感」だと思うので
やっぱり3人だけのライブ希望w
そして今回のライブを見て、個人的に思ったのは
「温故知新」という言葉。
なんか、要所要所で昔のライブがフラッシュバックして
懐かしい気持ちになったんだけれど
でも昔を振り返りつつも未来を見据えて
やっていたんじゃないかな、と個人的に思いました。

そういや、ライブが終わってロビーに出たら
こんなものを発見しました。
花
ゆうこりんから花が届いてますよ!
この場合のゆうこりんは「安藤裕子」なんですがw






ライブレポTOPに戻る

日記indexに戻る

ささみのお部屋indexに戻る








SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー