2007.12.15
METROTRON RECORDS presents
政風会TOUR 2007 東京公演
青山月見ル君想フ


出演
政風会
(鈴木博文+直枝政広)

サポート
小里誠(b)
中原由貴(dr)
鳥羽修(g)


 
という訳で行ってきましたよ政風会のレコ発ツアー最終日。
私が政風会を見たのは3年前の気楽にやろうぜが初めてで
次に見たのは飛んで今年の3月の直枝氏ソロの時。
それからはメトロトロンナイトタワレコ新宿のイベント
何気に今年はカーネーションのライブよりも
政風会のライブの回数の方が多いんじゃないだろうか(笑)
(数えてみたらカネ3回政風会4回直枝ソロ5回
そしてロボピッチャーは7回です…)
まあそんな感じでいつもの如く発売日にチケットを買いに行き
もう最前列で見る気満々で当日会場へ向かいました。
しかし、この日は昼間遠出した事もあり
ライブ会場に着く頃には疲れと眠気でとんでもない状態に。
それでも意地で最前列へ行きましたが(笑)
しかし待ち時間は1時間…もう途中倒れそうでしたが
タコライスを食べたりしてなんとかやり過ごしました。
やっぱりライブ開演前の待ち時間長過ぎです。
30分、いや15分くらいで良いよ…
そんな感じで苦行のような待ち時間は過ぎ
開演時間10分押しでスタートいたしました。
しかし開演5分前、目の前にセットリストが…_| ̄|○
これ、なんていう拷問ですか?

そんな感じで10分押しでステージ袖から出てきたおふたり。
おもむろに椅子に座りつつ博文さんが
「ずいぶん遠い所に」と発言。
なんか椅子とエフェクターやマイクがかなり離れた位置にあって
「足短いから〜」と言いつつ一生懸命足を伸ばして
踏もうとする博文さんが面白かった(笑)
最初の曲は「霧笛」
ああ、22年ぶりに出たファーストアルバムのボーナストラックですね!
まさか最初に聴けるとは思いませんでした。
しかし次からの曲には正直ビックリしましたよ。
だって「見晴らし台」「水門」「夜警」ですよ!?
初期政風会の代表曲ではないですか!
まあそうはいっても私が政風会を聴き始めたのは3年前なんで
初期もクソもないって感じですが。
そんな感じで初期の3曲を披露した後、MCが。
「当時はライブをいっぱいやっていた」
「政風会の初めてのライブはピチカート・ファイヴと対バンだった」
とまあこんな内容を直枝氏が。
そして気が付いたように「俺ばっかり喋ってる」とつぶやく直枝氏。
そんな発言に「俺が下品な事しか言わないから」と
まるで人事みたいに言う博文さん。
そこにはっと気が付いたように
「上品な事言えばいいのか、皇室みたいに」
と仰って会場は笑いのさざ波がw
いやぁなんていうか、このふたりの温度差が面白すぎる…
そのままふたりの弾き語りで新しいアルバムの曲「雨に濡れながら」
「空とバケツと山百合と」を交互に歌い、直枝氏が退場。
博文さんのソロコーナーなりました。
ひとりきりになっても博文さんは飄々と
ギターのチューニングをしつつ「たちっぱなしで退屈でしょ」
なんていいつつ「もうすぐのれる曲になるから」と
またしても笑いを取りつつ「リチャードの帰宅」と
「風におどる」の2曲を披露。
ムーンライダーズ系の曲は全然知らない私は
博文さんはこういう曲を歌うんだなぁと思いつつ鑑賞。
(本当そんなヤツが見に行っててスミマセン)
なんか、ハーモニカを吹く姿を
「変な顔してるからあんまり見ないで」
といっていた博文さんがかわいかったです。
そして博文さんが退場するのと入れ替わり直枝氏が登場。
何か喋ったような気がしたけどもう覚えてない。
直枝氏は「One Day」と「ダイナマイト・ボイン」を熱唱。
てか、ボインを弾き語りするとは思わなかったのでビックリ。
弾き語りにもかかわらずノリノリでした(笑)
そんな感じで直枝氏ソロが終わって、ステージ袖から
博文さんとその他サポートの方々が登場。
博文さんが「言ったでしょ?」としたり顔で言ったのに
うんうんとうなづいてしまいました。
ここからはサポートの方々が入ってバンド形式に。
しかし、ここでなんと!
直枝氏が上に着ていたジャケットを脱ぐというサービスを!!!!
(つかこれサービスなのかw)
そして始まった第2部のバンド編成、1曲目は「Highway Star」
もう重厚なバンドの音がたまらなかったです。
次の曲は「Empty」
CDに入ってる方は割と軽い感じの曲なんですが
ここで聴いたEmptyはもうスゴイの一言。
もう最後が長い長い。
しかも博文さん、エフェクターのペダルを飛ばしてたし(笑)
しかし私の大本命はこの次です。はい。

風車キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

もうね、ステージ上にあったセットリストを見て
(やっぱり置いてあったら見ちゃうよね)
この次が風車だ!とずっと待っていた訳ですよ。
もう生風車が聴けて感動のあまり目から変な汁を流してました。
もうこれが聴けただけで満足。
今日ここに来た甲斐があったというものです。
ああ幸せ。
まあそんな感じでこの曲が聴けて満足してしまい
残りはもうどうでもいいやって気分でした(笑)
その後覚えている事は「こんなにきれいな月夜〜」で
月見ルの看板月もライトアップされてた事と
「残月」〜「Bad Trip」は踊りまくりだった事と
直枝氏が今回のツアーの事を
「困った事あったけど楽しかった」
といった事と、あと博文さんが
「もうじいさんだから」といって指で食べ物を触る話をした事くらい?
いやぁ本当おかしなふたりだ(笑)

お客さんからのアンコールの声に
結構すぐ出てきた直枝氏を博文さん。
直枝氏が「カーネーションは来年25周年です」とご挨拶。
そして「何かやる」と言っておりましたよ。
おお、これは楽しみですな!
そしてムーンライダーズが10周年の時に
直枝氏はなんと自腹でツアーについて行ったという
エピソードを披露。
その時「関が原を越えて大人になった」と仰ってました。
直枝氏にとってムーンライダーズとは
そのくらい大きな存在なんですね。
そこまで尊敬できる人生の先輩達がいるって事は
とても幸せな事だと思います。
そしてこのツアーが終わったら博文さんに焼肉をおごるという直枝氏に
「脂身だけでいい、食ったらすぐ出る」とかわす博文さん。
本当いいコンビですね!
そんな感じでアンコール1曲目はふたりで「くれない埠頭」を。
次からはサポートの3人も登場。
どうでもいいけど小里さんのシャツのボタンに対抗して
(いつもボタンをかなり下まで外していてすごいという話をしていた)
直枝氏もボタンを外したんですが、3コが限界だったらしい(笑)
この際だから全部外しちゃえばいいのに…
(全部外せ〜と煽ってましたが何か。結局外しませんでしたけど)
まあそんな感じでサポートも入った次の曲はなんと「リタ」
まあ本編でやらなかったのでアンコールでやるのは予想付いてましたが
こんなにロックなリタを聴くのは初めてですよ!
いやぁいいもの聴きました。
そして最後は「大寒町」
もう政風会ではお馴染みの曲ですね!
最後の最後はしっとりと〆てくれました。
今回も慶一さんの飛び入りはなかったわね…
上で見てたんだからぜひとも飛び入りして欲しかったです(笑)

そんな感じでアンコールも終わって客電もついて
BGMも流れ始めたんですが
お客さんが全然動かず拍手の嵐。
それだけ素晴らしかったという事でしょうね。
もちろん私もその場で拍手しつつ待機。
2、3分して出てきましたよ!
しかし「もうやる曲がない」という直枝氏。
お客さんからは「Uncleは〜?」の声が上がりましたが
博文さんが「本当の事だからやりたくない」といっておりました。
ええと、どこから突っ込んでいいんだろうか…?
そんな感じで最後に「ありがとう」といい
退場したおふたりでした。

セットリスト

1.霧笛
2.見晴らし台から
3.水門
4.夜警
5.雨に濡れながら
6.空とバケツと山百合と
7.リチャードの帰宅
8.風におどる
9.One Day
10.ダイナマイト・ボイン
11.Highway Star
12.Empty
13.風車
14.こんなにきれいな月夜はみたことがなかった
15.Starsailer
16.残月
17.Bad Trip
18.同じ道

アンコール

19.くれない埠頭
20.裸足のリタ
21.大寒町
セットリスト
クリックすると大きくなるよ

いやぁかなり疲れてて最後までもつかどうか分からなかったけど
結局最後まで見ちゃったよ。
さすが直枝氏。さすが博文さんという感じでした。
個人的にはもう「風車」が聴けただけで大満足。
でも名古屋・大阪のふたり版「風車」も聴いてみたかったなぁ…
まあ行けなかったもんはしょうがないんですけどね。
それと私がいた所が、丁度譜面台が置かれていた関係で
直枝氏のギタープレイがほとんど見えませんでした…
これ、ちょっと失敗だったと思いました。
そういう訳で、ずっと直枝氏の顔ばかり見てました。
まあ私はギターを弾かないんで、弾いてる所見ても
何も分からないからそれはそれで良かったのかも?
あ、あと鳥羽さんが丸見えだったので
鳥羽さんがいる時は鳥羽さんばかり見てた(笑)

そして帰り際、政風会グッズが物販で売られていたので
つい買ってきてしまいました。
買ったのは政風会タオルと政風会カレンダー。
しかしタオルが…これどこの会社のタオルですか?
と思うような出来で、一目見て買おう!と決めました(笑)
これを持って年始の挨拶に行きたい気分です。
そうそう、それと神戸で限定発売されて
急遽この会場でも販売する事になったナオエくんグッズですが
実は神戸に行った方に頼んで買ってきて頂いたので
結局この会場で買う事はなかったんですが
私が行った時には既に売り切れているブツがありました…
さすが直枝氏ですな。

そういや私の目の前にあったセットリストなんですが
ライブ終了後撮影会になったのはいうまでもなりません。
そしてその後持って帰ってきちゃったのは抜群にヒミツです。
でも個人的には最後に直枝氏が踏んで行った
博文さん側のセットリストが欲しかった(笑)

本日の戦利品の数々。
どうでもいいけどまたboid paper配ってたんですが
これよりもramblin'が欲しいと思ってしまいました…
どうして今回に限って配布してくれないんですか本根さん…_| ̄|○

そんな感じで今年のライブはこれが最後。
…と思ってたんですが
もしかしたら12/26のクワトロに行くかもしれません。
まだ未定ですけどね。






ライブレポTOPに戻る

日記indexに戻る

ささみのお部屋indexに戻る








SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー