2007.12.1
トーク&サイン会
タワーレコード新宿店10F


出演
直枝政広(カーネーション)
小田晶房(map)
樋口泰人(boid)


ふたつ並んだ椅子、そしてギタースタンド…?

という訳で「宇宙の柳、たましいの下着」発売記念イベント第2弾
行ってきましたよ!
告知がでたのがかなり直前で行けるかどうか分かりませんでしたが
なんとか行く事ができました。
しかも他の2本(ジュンク堂・青山BC)のイベントと違って
フリーで観覧できるという事だったので
結構たくさん来るのかな…?と思ったら
意外や意外、あまり人いませんでした。
といっても4、50人くらいは来ていたと思いますが。
まあみんなオールナイトのチケット取るために
吉祥寺へ行ってたんだろうきっと。
(イベントと時間が重なるの、マジで勘弁してください…)
まあそんな感じで前回のジュンク堂のイベントは
この本の事からいろんな話題に飛んだり跳ねたり戻ったりして
かなりゆるゆるな感じのイベントだったんですが、今回は

「本の中で選べなかったレコードを実際にかける」

というテーマだったらしい。
で、実際にトークしている脇にターンテーブルが置いてあり
そこでmapの小田さんがレコードをかけつつ
直枝氏と樋口さんが対談するという感じでした。
結局小田さんは黒子に徹していてあんまり喋んなかったなぁ…

まあそんな感じで最初に挨拶があって
「今日は何が起こるかわからない、お得なイベントです」
と直枝氏が。
おおお、これは期待大ですね!

最初に出してきたのは、島倉千代子の「すみだ川」のレコード。
でも「タワレコで島倉千代子もなんだろうと思って」
流しませんでした(笑)
ああ、ちょっと聴きたかったのになぁ。
次に出したレコードはお馴染み、エリオット・スミス。
ここからはちゃんと聴かせてくれました。
なんかどこで買ったとか790円だったとか喋ってましたが
もう覚えておりません(笑)
そして次はキース・ウエスト。
流した曲は「A Teenage Opera」
しかし聴いている最中針が飛ぶ飛ぶ。
直枝氏が「飛びますね」と苦笑してました。
そして「子供の声はずるい」と。
その後子供コーラスの曲の話を少ししておりました。
お次は多分ジャッキー・ジャニオンという人の「LA」という曲を。
しかしいくらぐぐっても出てこないので、名前か曲名が間違ってるんだろうなぁ…
直枝氏日記で質問してみるしかないかしら。
そして最後にサン・ラーのアルバムを。
サン・ラーの時にはこれからバウスシアターでやる
イベントの告知もしてましたね。
で、この曲については「遠くに連れてってくれる感じが最高」との事。
しかしこの曲を聴いて私は
「深夜に見るのに寝てしまったりしないだろうか」
という一抹の不安を感じました(笑)
なんか別の意味で遠い場所に連れて行かれそうだ…

そんな感じでわずかな時間ですが、直枝氏セレクトの音源を
5曲も聴けるという素晴らしいイベントでした!
しかもミニライブのおまけ付きですよ?
最初トーク&サイン会だけかと思っていたのに
これは嬉しいサプライズプレゼントでした。
しかし直枝本買ったのはいいけど、まだCD聴いてなかった私は
最初にやった曲がなんだか分からなくて
(でも歌詞は知っていて)
これ何の曲????と思ってしまいました。
そういう事ってあるよね!?

直枝氏が流したレコードの曲名

Division Day/elliott smith
A Teenage Opera/Keith West
LA/Jackie DeShannnon
Interstellar Low-Ways/Sun Ra

3曲目がいくらぐぐっても分からない…_| ̄|○
2ちゃんで指摘してくれた方がいて判明。
名無しさんありがとうございました!

ミニライブのセットリスト

1.オートバイ(Mellow Willow Acoustic Version)
2.摩天楼に雪が降る(Mellow Willow Acoustic Version)

それにしてもレコードを聴いている時の直枝氏が面白かったです。
ずっと目を閉じて聞き入っているかと思えば
足で激しくリズムを取っていたり。
そして回るターンテーブルをじっと見つめていたり。
レコードを聴いてる姿ってなかなか見られないので
とても良い目の保養になりました(笑)

そしてトークイベントが終わった後はサイン会。
私は既に別のお店で本を買ってしまっていたので
サイン会は見ているだけでした。
サイン会自体は10分くらいで終わったのかな?
サインが終わってそそくさといなくなる方々を見て
ああ今から吉祥寺に行くんだなニヤリと思ってみたり。
まあそういう私もサイン会が終わった後向かいました!
 
イベント会場にあった試聴機と本の特設ブース。移動式でしたw




2007.12.1
『宇宙の柳、たましいの下着』発売記念オールナイト
爆音直枝ナイト
吉祥寺バウスシアター


 
そんな訳で、私も吉祥寺に駆けつけましたよ!
まあ駆けつけたというよりはおっとり刀でやってきたという方が近いかも。
そして会場までにかなり時間があったので
一緒に来た友人と一緒にラーメンを食べて腹ごしらえ。
そして会場のバウスシアターへ。
最初これだけしかいないの?と思ったんですが
開場間近になるにつれて人が増えていき
バウスの席が8割方埋まるくらい結構たくさん人入ってました。
そんな中私はなんと最前列真ん中の席に座る事ができましたよ。
(だって空いてたんですもの…)
映画を見るにはあまりよろしくない席ですが
最初の舞台挨拶とライブが見られればいいやと思っていたので無問題(笑)

そんな感じで21時を回り、上映開始のブザーが鳴って
ステージ袖から樋口さんが登場してイベントスタート。
最初はお待ちかね、カーネーションの3人揃っての舞台挨拶ですよ!
以下会話形式でお送りします。

司会「まずあいさつから」

直枝(以下敬称略)「今日の直枝ナイトの直枝です。
映画になるなんて滅多にない事だなぁ、夢にも思わなかった。
この状況楽しんでます。無心で楽しんで欲しい」

大田「映画館で挨拶、一生に一度。まさか俺にも訪れるとは…
心してあいつとめます(笑)」

矢部「爆音ナイトへようこそ。
睡魔に負けずに最後まで見られるか、ガマン大会です」

(一同大爆笑)

司会「映画の感想を一言」

矢部「喋ってるシーンが多くて
カットしてくれと頼んだがダメだった」

大田「もう少し芝居すればよかった。もっとカッコつければ良かった。
でっかいスクリーンで見る映画全然違うので正直嬉しい。
たまらなく嬉しい。今日楽しみにしていた」

直枝「格好つければ良かった。監督がそういうことを全く感じさせない人。
ツッコミどころも色々あるけど突っ込まないで(笑)」

司会「思わぬものが見えた話を」

直枝「監督は時間をかけて何気ない所を撮る。
それを繋いでひとつの思想作る。
俺じゃないカーネーションがいるんじゃないか。
森の中で喋っている所とか、ああそういう事かと
編集されたのを見て思う」

大田「ドキュメントは台詞がない。(監督が)言わせたがる所がある。
言うもんかと思うんだけどつい言っちゃうんだよね。
ヤツの思う壺だよね(笑)
ひとつのストーリーがあって、気付かせてくれる」

矢部「編集によっていろんな見せ方がありまして
自分の所がドラマチックになっていて
編集のマジックと思いました。
音楽も同じ…なんつって(笑)」

司会「好きなシーン、見て欲しいシーンは」

矢部「大田さんが自分の服の臭いを嗅いでくさいという所」

大田「臭いものは臭い(笑)」

大田「名古屋得三のライブ、すごい好き」

直枝「クワトロのハリケーンフェスティバルの映像が好き。
3人だけでやった最後のライブ。ギリギリでいいわ」

大田「音がカメラマイクの音が好き。
マイク一本で撮っている音、そういうのを楽しんで欲しい」

以上ここまでが舞台挨拶でした。
もっと色々聴きたかったような気がしましたが
あいにくの時間切れですよ…
そんな感じでゆるず氏・矢部氏退場。
残ったのはライブをする直枝氏だけになりました。
ギターのチューニングをしながら直枝氏が
「お客さんの顔を見て1曲目を決めようと思った」
といい、おもむろに弾き始めた曲は「El Soldado」
…ええと、お客さん、どんな顔してたんだろう?
フリーダムって感じだったのかしら(笑)
そして曲の後またしてもチューニングタイムで
「変な映画ばっかりで大変だけど楽しんで」と。
そして映画について紹介を。
「サン・ラーは、こういう人がいてこういう音楽を流す事に
ビックリすると思う。
ヘリウッドは大学の頃渋谷のテントで見た
エンケンが昔カッコいい頃、斉藤とも子も懐かしい感じで。
マルホランド・ドライブは訳わかんない所がいい」
との事でした。
いやぁ映画を見るのが俄然楽しみになってきましたよ。
そして次の曲は
「AXでやりたいといったらみんなに却下された」
という、郷ひろみの「ハリウッド・スキャンダル」を。
うわぁ…直枝氏が歌うとめっちゃエロいんですけど…!
もうね、意味もなくドキドキしちゃいました。
そしてまた直枝氏トークが。
今度は直枝本の話でした。
「半自伝的な本です」と。
そしておまけについてるCDの話へ。
「本を書いた時の気分で録音した、チューニングが変わって
新鮮な気持ちになった」と仰る直枝氏。
そのCDに入っている3曲を演奏してライブは終了。
最後に直枝氏「映画楽しんで下さい」と言って退場いたしました。

ミニライブセットリスト

1.El Soldado(フリーダム!フリーダム!フリーダム!)
2.ハリウッド・スキャンダル
3.オートバイ(Mellow Willow Acoustic Version)
4.摩天楼に雪が降る(Mellow Willow Acoustic Version)
5.The End Of Summer(Mellow Willow Acoustic Version)

しかしタワレコ新宿と曲が被っているのが惜しい…
そしてここからは「ROCK LOVE」上映
そして直枝氏セレクト映画の爆音上映。
以下自分の日記から転載+追記。

最初の1本はお馴染みカーネーションのドキュメンタリー映画「ROCK LOVE」
もう3回目なので台詞とか曲とか頭の中に入っちゃってるんだよね。
でも見る度に違った発見があったりして楽しい。
最前列で踊る自分の姿に身悶えしてみたりw

2本目はサン・ラーというシカゴのミュージシャンのドキュメンタリー映画
「ジョイフル・ノイズ」
なんか宇宙とかスピリチュアルとかいう単語がバンバン出てきて
なんていうかうへえって感じでした(笑)
ドキュメンタリーという事で近所の人にインタビューしてるんだけど
「宇宙にカブレてるけど良い人たちだよ」というコメントに笑ってしまいました。
でも音楽はすごくいいんだよね…あまりにも気持ち良すぎて
途中何度か寝そうになりました(笑)
いやぁ世の中にはこんな面白い方々がいるんですね!
そんな感じでなんていうか、苦行のような上映タイムでした。

次の上映作品は、エンケンこと遠藤賢司が音楽&出演している「ヘリウッド」
いやぁどこから突っ込んでいいのか分からないくらいのバカ映画でした!
エロありグロありスカトロありホモありパンチラあり。
よくこんな映画上映する事ができたなぁ…と思うくらいヤバかったですw
もう笑いまくりで眠気が吹っ飛びましたよ。
バカ映画最高!
どうでもいいけどこれのアップル少年という役をやっているのが
デーモン小暮閣下だという噂がまことしやかに流れているんですが
実は別人だそうで。
家に帰ってきてから色々ぐぐってみたんですが
「アップル少年=デーモン小暮」と断定しているサイトが多くて
危うく信じそうになりました…
ちなみにアップル少年役の方はmixiをやってて
日記に映画の事を書いておられました…
いやぁネットってすごいや。ネット社会万歳!

最後に上映されたのはデヴィッド・リンチ監督の「マルホランド・ドライブ」
これはとても怖かった…
ちなみにこっちはレズシーンありw
別の意味でドキドキしちゃったよ。
それにしても本当訳わかんない映画だったなぁ…
なんで途中からあんな風になっちゃうかねえ!?
まあなんか色々噂はありますが
作品が全てと言う事で、これはもう脳内補完しろって事ですよね!
そんな訳で色々妄想したいと思います。

そんなこんなで全て見終わったら朝の5時過ぎ。
良く寝ないで全部見れたもんだと思いました(笑)
しかし途中の休憩時間が5分少なくなっていたのは異議を唱えたい。
そんな訳で終わって帰宅したんですが
劇場を出る際、直枝氏が入り口でお見送りしてくれました。
何か声をかけようかなと一瞬思ったんですが
こんなオールナイト明けの眠そうな顔、見られたくない!と思い
そのままそそくさと立ち去りましたよ。
ああ、微妙なヲトメ心…
(ヲトメっていうトシかよ、というツッコミはなしで)

しかも帰ってきて寝て起きたら
すごい耳鳴りが1日中…_| ̄|○
さすが爆音…






ライブレポTOPに戻る

日記indexに戻る

ささみのお部屋indexに戻る








SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー