2007.10.26
METROTRON RECORDS 20th anniversary
"Music from AUTREY"
渋谷 CLUB QUATTRO


出演
政風会
(直枝政広+鈴木博文)
The SUZUKI
(鈴木慶一、鈴木博文、武川雅寛、青木孝明、川口義之、夏秋文尚)
青山陽一バンド
(青山陽一、西村哲也、大田譲、夏秋文尚)
加藤千晶
mio fou
(美尾洋乃+鈴木博文)
カーネーション



 
なんかよく見るとシャチョさんがいるけど気にしな〜い!

という訳で今年最後のカーネーションのライブ、行ってきました!
今回のライブはムーンライダーズの鈴木博文さんが主宰する
「メトロトロンレコード」の20周年記念イベントでした。
で、このレーベルに縁のある方々がゲストとして出演した訳で。
私の好きなカーネーションはその昔
(やっぱり20年くらい前?)
このメトロトロンレコードからレコードを出してデビューしたんだよね。
まあ私も全然詳しくないのであまり語りませんが
人に歴史あり、バンドに歴史ありって感じですね。

今回はあまり整理番号が良くなかったので
最前列で見られるかどうか分からなかったんですが
気がついたら何故か最前列にいました(笑)
まあ人生なんてそんなもんよね。
そんな感じで会場内に入ったのはいいんですが
最初目に入ってきたのは、ステージ上に並んだ
3組のドラムセットでした…
す、すげえ…
誰がどのドラムを叩くんだろう?
とまあそんな事を考えつつ場所取りした後は
今回はある事情で、もしかしたら途中で帰らないといけなくなるかも知れなかったので
物販に駆け込み政風会のCDを買ってきました!
もちろんサイン入りポスター付きですよウフフ。
ハリケーン社長・本根さんに手売りして頂きました。
そして買い物のついでに今夜のカネの出番はいつですか?と聞いてみたら
なんとトリだということが判明…
ヤバイ、全部見られないかも…と思ったんですが
私のタイムリミット・22時だったら余裕で大丈夫と言われ
ちょっと安心。
でも時間通りに終わるライブなんてあまりないよね…?
なんで半分くらいしか信じてなかったんですが
カネの出番は22時ちょっと過ぎに終わり
ライブ自体も22時15分には終わるという
時間にかなり正確なライブでした。
ああ、いつもこうだといいのになぁ。
閑話休題。
そんな感じで1時間弱の待ち時間の間
だらだらとだべりながら始まるのを待っていたんですが
なんか場内BGMが…めちゃくちゃ昭和の香りがする選曲で
なんだこりゃあああと思いながら聴いていましたw
ちなみにトニー谷だったらしい。

そんな感じで19時を少し過ぎた所で
舞台袖からわらわらと人が出てきましたよ。
ていうか直枝氏と博文さんがいるって事は…政風会ですな!?
しかしバックのサポートメンバーがやけに豪華(笑)
だって青山さん(g)、青木さん(b)、夏秋さん(dr)という顔ぶれですよ?
しかもこんな豪華なバックなのにやった曲はたった2曲。
最初の曲は博文さんボーカルの「残月」
もうイントロのギターの音でノックアウトされましたよ。
そして2曲目は直枝氏ボーカルの「Starsailer」
おお、こんなアレンジになったのかぁ…目からウロコが。
いえね、今まで弾き語りでしか聴いた事なかったから
「Starsailer=弾き語り」というイメージができちゃってたんだよね。
それが良い意味で裏切られました。

政風会のセットリスト

1.残月
2.Starsailer

しかし2曲だけだなんてちょっと…いや、かなり物足りない!
もっと聴きたかったなぁ…
まあアレだ、この日ファーストアルバムを出したばかりの
新人(笑)だから仕方ないのかw
まあその辺は12月のツアーを楽しみにする事にします。
期待してますからね!?

そんな感じでステージの上の方々が去って客電がつき
またしてもトニー谷の曲が流れ
撤収・設営タイムに突入。
今回はドラムセットがあらかじめ並べてあったおかげで
転換にあまり時間がかかっていなかったような気が。
しかし私がトイレに行っている間に
次のアーティスト・The SUZUKIが始まっていたのでした…_| ̄|○
まあ曲が始まる前でしたが。
どうでもいいけどまた青山さんがステージの上にいるよ…
ていうか結構出ずっぱりだったよね青山さん。
しかし私の目線は目の前にいる吹きモノ担当の川口さんに釘付け。
すごい年季の入ったサックスだったなぁ…

The SUZUKIのセットリスト

1.A Blue Colored Woman
2.燃えつきた家
3.GRASSHARP & JERICHO
4.Romeo, Juliet & Frankenstein I
5.高架線上の魔人達

なんか3曲目の曲は青木さんの曲だったらしい。

そして次に出てきたのは「青山陽一バンド」
サイトのライブ情報では「青山陽一」だけだったんで
てっきりアオヨーのステージかと思っていたんですが

なんとグランドファーザーズでした(笑)

反則だよ…良い意味で。
なんかお客さんの悲鳴を聞くのがある意味楽しかった(笑)
しかしこの時のゆるず氏はセクスィ〜でしたな。
いつもインナーはTシャツだったのに
なんか今回に限ってタンクトップ。
もう私の目はゆるず氏の鎖骨に釘付けでした。
反則過ぎる。

青山陽一バンドのセットリスト

1.GOOD BYE
2.キッチン・ミュージック
3.異常な夜、貴重な月
4.僕は火の車

最初の2曲は西村さんの曲で、残り2曲がグラファンの曲。
ていうかアオヨーの曲はないのか(笑)
それにしても初めて聴いた西村さんの曲が何気に良かったです。
買ったまま聴いてなかったウォーターメロン砦、聴いてみようかな。

アオヨーが終わった後、なんかセンターにキーボードが設置されて
出てきたのは加藤千晶さん。
…ていうか、バックにいるのは鳥羽さんじゃないですか〜!!!!!
まさかここで鳥羽さんの姿を見るとは…いやぁビックリです。
まあ鳥羽さんは千晶さんのバックにいる事が多いので
多分いるだろうとは思っていたけど(笑)
それにしても、最初「箸休めで」と仰っていたんですが
全然そんな事はなく、歌も演奏もすごく楽しめました!
個人的にはThe SUZUKIの時にも出ていた吹きモノ担当・川口さんが
鳥羽さんのギターソロで鳥羽さんが夢中でギターを弾いていた時に
ぶつかりそうになった譜面台をそっと移動させていたのが印象的でした。
ヤバイ好きになっちゃいそうだ…

加藤千晶のセットリスト

1.夜のバス
2.町屋の塀(新曲)
3.らくがき線路
4.迷子のステップ

次にステージに登場したのはおなじみ博文さんとひとりの女性。
なんかこれも20年前くらいに一度音源を出して
つい最近新譜を出したばかりらしい。
なんか博文さんって行動範囲が広いなぁ…と思ってみたり。
まだまだこういうユニットがたくさんありそうな気がする。
そんな感じでmio fouはなんていうか、草原を渡る穏やかな風のようでした。
途中で眠く…いやいやいや、とても癒された気分になりました。
なんだろう、バイオリンの音がそうさせるのかもしれない。

mio fouのセットリスト

 1.ゴッホの糸杉
2.Pierrot le Fou
3.ghost-blue-sky
4.UNICORN
5.銀の蜂

そして最後、トリに出てきたのはカーネーション。
もうね、やっと来た!って感じですよ。
最初演奏する前に「メトロトロン20周年おめでとうございます」
と直枝氏がご挨拶を。
そして「博文さんに発見されなかったらここにはいなかった」とも。
そんな感じでカネのライブ開始。
ここまでずっと焦らされていたので一気に爆発した感じでした。

だって1曲目が「YOUNG WISE MEN」ですよ!?
メトロトロンから出した1stアルバムの代表曲ですよ!!!???
まさかこの曲をやるとは…やられたぜ!
しかもこれ、「Tokyo Twilight Shuffle Version」だったんですよ!
うわあああぁぁぁ!って気分でした。
もう1曲目から暴れまくり。
それに続く2曲目が「Superman」
なんか聴くの久しぶりだなぁと思いながら暴れてました。
(約1年振りでした)
ちなみに今回の個人的ベストテイクは3曲目の「獣たち」
だって、西池さんのギターがめちゃくちゃすごかったんですよ?
あのリフレインが獣の雄叫びみたいでした。
もうヤバイくらいすごかったです。
そして4曲目が「たのんだぜベイビー」
もう私を暴れ殺すつもりですか?という感じで暴れまくりました!
もう、前回のライブの時の愚痴がウソのように
ていうか前回の鬱憤をここで晴らしたかのように暴れました。

そして「たのんだぜベイビー」が終わった後
ステージ上に博文さんを呼び込んで「Fence」を。
ああ、カネが始まる時からずっとステージ上に置かれていたギターは
博文さんのギターだったんですね!
しかしここでもまた○モにウン○ネタを飄々と披露する博文さん。
もうその話はいいから…(笑)

カーネーションのセットリスト

1.YOUNG WISE MEN
(Tokyo Twilight Shuffle Version)
2.Superman
3.獣たち
4.たのんだぜベイビー
5.Fence

そして演奏が終わると突然舞台の袖から
なにやらわらわらと人が出てくるではないですか!
え?今から何が始まるの…???
どうやら全員参加でなにやらやるみたいですよ?
しかし全員が上がるという事は、楽器の数も半端ないって事で
もうね、ギターの数がすごい事に(笑)
で、ギターアンプが足りなかったらしく
鳥羽さんのギターが犠牲に。
そして全員のセッティングが終わってやったのは「馬鹿どもの夜」
しかしすごいカオスな空間だったわ…
いえね、皆さん真剣に演奏されていたんですがね
おじいちゃん…いや鈴木慶一さんがタンバリンを適当に叩きながら
ひたすらステージ上の方々を撮影していたのに大爆笑。
西池さんがギターアンプの上に乗ってソロを弾いたりとか
直枝氏がソロを弾いている時、突然ステージ上の方々が全員座り込んで
直枝氏だけ立っている状態にさせて
(しかも直枝氏全然気がつかないのw)
ソロが終わってやっとこの状況に気がついた直枝氏が
え?え?という顔で取った行動は同じように座り込む事だったとか
もうおかしくておかしくてたまりませんでした!
まあそんな感じでこれで終わりかな?と思っていたんですが
最後にアンコールがありました。
なんと鈴木博文さんがひとりで弾き語り。
最後の最後でとても清々しい気持ちになりました。

アンコール

1.馬鹿どもの夜
2.影法師

そんな感じで最初本当に22時に終わるのか?と思ったんですが
大体22時15分くらいには終了。
すごく楽しかったです!
これでもう少し出番が長ければ言うことないんだけど
まあそれはワガママですよねえ。
しかしカネはたった4曲しかやってないのに
前回のツアーより満足している自分がここに。
その理由も自分の中で答えを見つけられたので
前回のレポで書いた、ライブ控える発言は撤回します(笑)
今年はこれでカネとしてのライブは最後なので
来年に向けて英気と金を貯めておく事にします!
まあ映画とか政風会ソロとかまだ残ってるけどな。

まあそんな感じで終了してすぐ会場を出て帰宅。
なんとかぎりぎりセーフで間に合いました。
ああ、終演後に直枝氏と博文さんがCDを手売りしていて
なんか写真撮影までできたらしいという話を聞いて
ハンカチを噛み締めております(笑)






ライブレポTOPに戻る

日記indexに戻る

ささみのお部屋indexに戻る








SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー