2006.7.27
Hurricane Festival 2006
渋谷 CLUB QUATTRO


出演
カーネーション
SHEENA&THE ROKKETS

OPENING ACT
eksperimentoj



 
PARCO1階の入り口に貼ってあった予定表と本日の催し物。

そんな感じでアルバム発売後、初のライブという事で
かなり楽しみにしていましたよ。
しかも今回はシナロケと一緒ですよ!
一体どんなライブを見せてくれるのか、ドキドキワクワクでした。

仕事が終わった後まっすぐ渋谷へ向かったので
5時前には到着。いつもながら早すぎる…
途中アップルストアの下見とかディスクユニオンを覗いたりしつつ
夜ご飯を食べてクワトロへ。
入り口に今回のイベントの諸注意が貼ってあったんですが

この「モッシュ禁止」と「光りモノ禁止」にちょっと笑ってしまった私。
いつもとは違う、ものすごいライブになりそうな予感が
ひしひしと伝わってきました(笑)
そんな感じで開場5分くらい前に入り口付近に着いたんですが
15分経っても開場しない…
別に待つのはいいんだけど、人がいっぱいいて
階段付近は蒸し蒸ししてて暑くて死にそうだった…
仕方ないのでブログに投稿しつつ開くのを待っていたんですが
結局開場したのは20分ごろでした。
しかし各社共通入場だったので
1番から順番に呼ばれるかと思ってたら
いきなり「整理番号1番から10番まで〜」だったので
思わずそれでいいのか?といいそうになったw
でもそのおかげでかなり早く会場内に入れて
最前列をゲットできたのでラッキーでした。
(整理番号ヒトケタ後半だったのです)
クワトロでこんないい場所で見られるなんて初めてですよ!
場所取りの後はもちろんTシャツを買いに行きました。
そしてそのままトイレで着替えて準備万端。
そんな感じで開場は20分遅れましたが
開演は7分遅れでスタート。
最初に出てきたのは新進気鋭のバンド、エクスペリメントイ。
一体どんな人たちなんだろう…と思って見ていると
ステージ上にやってきたのは…菅原くん?????
フロントで後ろ向きでギター弾いてた人が
私の知り合いの菅原くんという人にめちゃくちゃそっくりだったんですよ。
いやぁ、本当に本人か兄弟か?っていうくらい似てた…
なんで最初は後ろ向きで演奏してるのはいかがなものかと思ったんですが
顔を見ちゃうと多分笑いが止まらなくなるので
ずっと後ろ向きで演奏してくれてむしろ良かったかも。
しかし足元のエフェクターの数が半端じゃなかった…
何気にぐりぐり動かしてて面白かったです。
個人的には2番目と5番目の曲がちょっと良い感じでした。
そんな感じで1時間弱のステージが終わると同時にステージ替え。
本根さんや矢部氏自らセッティングしているところを見ると
どうやら次がカネのようですな。
もうwktkしつつセッティングの様子を眺めていました。

そんな感じでセッティングが終了し
いつものフランク・シナトラに乗ってステージ上に現れた3人。
まさか1曲目が「あらくれ」だなんて…
すごい意外でした。
2曲目は「LEMON CREME」
もうライブの定番って感じの曲で
大好きな曲なので
ぴょんぴょん飛び跳ねてました。
ビックリしたのは3曲目が「ムサシノ・ブルース」だった事です。
ライブで聴くのは初めてじゃないだろうか…?
何気にムサシノepバージョンだったのが嬉しかったり。
その後MCが入ったと思うんですが
はっきりいってもう内容なんか全然覚えていません。
やっぱ時間を置きすぎるとダメね…
ゆるず氏がエクスペリメントイの事を
後ろ向きでやっても許されちゃうのがすごいねと褒めていたような。
それとシナロケの読みがカタカナと英語表記で違うというトリビアも披露してくれました。
(知らなかった…)
そして直枝氏が「整形しようかな」と言ってたとか
今度のツアーは3人じゃなくて
いろんなゲストが登場しますと直枝氏が言ってたんですが
ゆるず氏が「3人じゃないんだ」と突っ込んだら
「ゆるず抜きで」と逆に突っ込まれてみたりとか
相変わらず漫才みたいでした。
まあそんな感じで「やるはて」の後は
「REALMAN」〜「学校で」〜「クエスチョンズ」と
怒涛のダンスタイム!
もうすごい勢いで飛んで跳ねて叫んでました。
いやぁ激しかった…
その後新しいアルバムから初めて今日演奏しますと
「Midnight Kangaroo」を。
ああ、早く新譜の曲をライブで聴きたいです。
そしてラストの曲はお馴染み「パラダイス」で終了。
お馴染みだけど久しぶりに聴いたような気がする…
やっぱええ曲だわパラダイス。

そんな感じでカネの終わった後はまたしてもステージ替え。
初めて見るシナロケにいやでも気分が高まります!
しかし、隙あらば割り込もうとしてくる輩がおりまして
ステージ替えの間その輩と戦ってましたw
>まあシナロケが始まって踊りまくっているうちに
いつの間にかいなくなりましたが。
まだまだ根性が足りんな。
そんな感じで始まったシナロケのステージ。
最初に出てきた4人の男性…なんかものすごい風格が漂ってますよ?
特に鮎川氏が黒のスーツでびしっと決めててめちゃくちゃ格好良い!
これを見ちゃったらカネの3人のスーツ姿なんて
幼稚園児並みにしか見えませんよ…
(だから今回はスーツじゃなかったのか?)
そして1曲目からもうギンギンのロック!
もう無我夢中で踊りまくりましたよ。
シーナ姉さんは3曲目に登場。
それにしてもシーナ姐さんが出てきてからはもう
シーナ姐さんに目が釘付けでした…w
まず衣装がすごい。
総スパンコールの赤いボディコンミニスカに
(それもスリット入り)
編みタイツ、そして推定15センチのピンヒールブーツですよ!
もうあまりのセクシーさに私の目はずっとシーナ姐さんに釘付け。
しかもシーナ姐さんって歌う時
お客さんをじっと見つめて歌うのよね…
私も何度も見つめられたような気が。
(もしかしたら私の後ろの人を見ていたのかもしれないけどw)
もう見つめられる度にドキドキしちゃって、まるで思春期の異性というか
ハブににらまれたマングースというか
そんな気分にさせられました。
そして何気にダンスやパフォーマンスもすごかった。
あんなに高いヒールの靴はいてあんなに踊れるなんてすごい。
そして手に持ってたタンバリンを頭にかぶったりと
何気にお茶目な所も見せてくれたり。
でも、たまに腕を広げて片足を上げるポーズをした時に
心の中で「南斗水鳥拳!」と叫んでいたのは内緒ですw
そんな感じでシナロケのステージが終った直後は
踊りまくって首と足がガクガクしていましたよ。
そしてシナロケのパワーに直前のカネのステージが全て吹っ飛んでしまいました。
すごいよこの人達…化け物だよ!
鳴り止まないアンコールの声に答えて
思いの外早くステージに戻ってきた化け物たち。
なんとカネの3人も一緒ですよ!
そして始まったアンコールもものすごかった!
アンコールで5曲もやっちゃうんだよ?
もうこれはあれか?踊り疲れて倒れろって事ですか?
というくらいまたしても踊りまくりでした。
何気にエアベース弾いてた矢部さんがかわいかったです。
そんな感じで全てが終ったときには既に23時過ぎ。
開演してから4時間以上経ってました…
本当ものすごいハリケーンでした。

カーネーションのセットリスト

1.あらくれ
2.LEMON CREME
3.ムサシノ・ブルース
4.オフィーリア
5.REAL MAN
6.やるせなく果てしなく
7.Midnight Kangaroo
8.学校で何おそわってんの
9.クエスチョンズ
10.PARADISE EXPRESS

SHEENA&THE ROKKETSのセットリスト

1.Batman's Theme (Neil Hefti) バットマン
2.Krazy Kool Kat クレージー・クール・キャット
3.Dead Guitar デッド・ギター
4.You Really Got Me (Ray Davies) ユー・リアリー・ガット・ミー
5.Happy House ハッピー・ハウス
6.Koino Dance Tengoku 恋のダンス天国
7.PinUP Baby Blues ピンナップ・ベイビー・ブルース
8.I Can't Keep From Crying Sometimes(Al Kooper/Blind Willie Johnson) 泣かずにいられない
9.Lazy Crazy Blues レイジー・クレイジー・ブルース
10.Lemon Tea (Ayukawa - Shibayama) レモンティー
11.Taikutsuna sekai たいくつな世界

Encore Session with Carnation

12.Satisfaction (Jagger - Richards) サティスファクション
13.Big Boss Man (Jimmy Reed) ビッグボスマン
14.Don't Let Me Down (Beatles) ドント・レット・ミー・ダウン
15.Johnny B. Goode (Chuck Berry) ジョニー・B・グッド

例によってSHEENA&THE ROKKETSのセットリストは
SHEENA&THE ROKKETS公式HPからコピペいたしました。






ライブレポTOPに戻る

日記indexに戻る

ささみのお部屋indexに戻る








SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー