2005.2.23
カーネーションpresents
『気楽にやろうぜ』VOL.3
高田馬場 CLUB PHASE


CLUB PHASEの入り口じゃない所にあった看板。

さてさて、今年初めてのカーネーション、初ライブです!
年末のイベントからかなり間が空いちゃって
かなり焦らされてたのでもう行く前からそわそわしておりました。
当日なんて仕事全然手に付かなかったし(笑)
そして会社からライブ会場に直行。
(会社大久保なんで一度家に帰るより楽なのだ。しかも定期使えるし!)
会場に着いたらすごい人人人!!!!!
本当にこれ、今日のイベントのお客さんですか?と思うくらいすごかった。
あまりの人の多さに橋の方までさがってチケット別に並ばせられるし。
全然関係ないけど私が最後に確認したチケットぴあの整理番号は205だった。
そのせいか会場は超満員で
入れない人がロビーにたくさんいる状態だったとか。
いやぁすごいですね。

まあそんなこんなで中に入って自分のスペースを確保。
今回は(つーか毎回だけどw)2列目の大田氏の目の前でした。
それにしてもなんでCLUB PHASEってフェンスの手前の所に
中途半端な段があるんだろう…?
まるでお立ち台みたいだなと心の中で思ってますた。
ちなみに前5列目くらいまでは見事に全員女性でした(笑)
そして物販スペースに行って「獣たち」のCDを買い
コートと荷物をコインロッカーの中へ。準備万端です!
開演までの間に日記でも書こうかと思ったんですが
地下だったので圏外でした…_| ̄|○

そして19時を少し過ぎた頃メン3登場、3人揃ってマイクの前へ。
いつもながらの堅苦しい挨拶でしたが
矢部氏の挨拶「…ヒロシです…」に場内大爆笑。
一気に和みました(笑)

そして今回のイベントのトップバッター、堂島孝平くん登場。
なんと堂島くんは緑のL/LTシャツ着てました。
堂島くんはカーネーションとは何かと縁があるみたいで
所属事務所も同じ、前いたレコード会社も同じ。
(そういや現スタッフやマネージャーも一緒ですわね)
私は堂島くんをHNKホールのイベントで初めて見て
座ってた観客をみんな立たせてノリノリにした上に
バク転までかます姿に感動(ある意味ビックリ)し
今回のイベントで共演する事が分かってとても楽しみにしてたんですが
ものすごく楽しめました!
一曲目からノリノリの曲で攻める堂島くん。
もう、前と横の人を見ながら手を振りまくりました!
最初準備運動のつもりで見ていたんですが
(堂島ファンの皆さんスミマセン)
一番跳ねまくったかもしれません。
堂島くんもお客さんを煽ったり乗せたりするの上手だなぁ、と思いました。
何曲か終わった後のMCで
「気楽にやろうぜってイベント名ですが
それはカーネーションだから言えるんであって
僕には気楽にできません!全力投球です!」
みたいな事言ってました。
そりゃそうだよね。
そしてカーネーションが好きな理由は
「冒険心を忘れない、そういう姿勢が大事だと思う。
売れる売れないは別として」
と言っていたんですが…ある意味爆弾発言?
その後に「もちろん僕も」と付け加えていましたがw
嬉しかったのは前回見た時に歌った「45℃」が聴けた事かな。
特に「よんじゅうごど〜♪」と歌う所の振りができただけで満足。
あれ、一度やってみたかったんだよね。
そういや途中のMCで、今回堂島くんのバンドだった渡辺シュンスケ氏が
カーネーションの曲でも弾いてるんだよね、と堂島くんに聞かれ
なんて曲なの?と聞かれて「十字路」と答えられたんですが
なんてアルバムに入ってるの?って聞かれたら答えられなくて
すぐ横に控えていたローディー君に聞いて「ANGEL」と答えたんですが
違うよ、入ってるのはスペードのエース(もしくはSUPER ZOO!)だよ!
と心の中で突っ込んでしまいました。
堂島くんは29歳の誕生日を迎えたばかりなんだとか。
29歳…若い。しかもデビューした時は18歳で、今年デビュー10周年だそうです。
会場にいた男性(28)に堂島くんが「年下だから僕には敬語で」
といってたのが面白かったです。

堂島くんのセットリスト

1.なんて悲しい歌聴いているんだろう
2.SHORT CUTTER!
3.高速の男
4.サンキューミュージック
5.LEO
6.ナイトグライダー
7.45℃
8.Still

堂島くんのセットリストはこちらのサイトより転載いたしました。
ありがとうございます。

さて堂島くんが終わった後
セットチェンジでいつもの如くスクリーンが降りてきて
今回流れたのは堂島くんの「ナイトグライダー」のPV
(シュンスケ氏のご乱心ぶりを堪能いたしましたw)
DAUGHTERの「いつのまにか」のPV
(レコーディング風景付き)
そしてカーネーションはこの間の九段会館の映像です!!!!!
最初の3曲が流れたのかな?
もう嬉しくて、あの日の事を思い出しながら見てました。
DVD化キボンヌ!!!!!

そんなこんなでスクリーンが上がり、次にステージに現れたのは、DAUGHTERのおふたり。
しーんと静まり返った会場内に、静かに響くキーボードの音と
おふたりの澄み切った歌声。
なんだか夢を見ているような光景でした。
1曲目が終わった後、少しの沈黙の後におふたり大爆笑。
「なんかあまりにも静かすぎて…このまま次の曲にいっちゃおうかと」
そんな事をいいつつ大爆笑。
いい感じで緊張が解れて次の曲「夕暮れメロウ」へ。
この曲、私とても好きだったので歌ってくれて嬉しかったです。
拍手しながら一緒に歌ってました。
曲が終わった後ソラさんの「ここのお客さんはみんな優しい」の言葉。
そして「すごく緊張して何を喋っていいのか分からない」と
もうしどろもどろって感じがとても微笑ましかったです。
そしてこの日の為に作ったという新曲を披露した後
カーネーションの3人が登場です!
カーネーションがプロデュースした3曲を披露してくれました。
いつものあらくれた獣のような演奏ではなく
バックバンドに徹したカーネーションの姿を見るのも
新鮮な感じでいいなぁと思いました。
そしてそんなオヤジたちの姿を見て、なんていうか
娘を見守る父親?みたいな感じがにじみ出てて面白かったです。

DAUGHTERのセットリスト

1.新曲
2.夕焼けメロウ
3.新曲
4.テストフライト
(ここからwithカーネーション)
5.ここから
6.いつの間にか

そしてDAUGHTERのおふたりが退場してすぐカーネーションのライブ開始です!
最初の曲は「スペードのエース」です!
いきなりきましたよ、もう!てな感じで踊りまくりでした!
どうでもいいですがキーボードがずっと置きっぱなしになってて
カネの間出っぱなしなのかなぁ、と思ったら
曲の間に撤去されてました。
間髪いれずに次の曲は「あらくれ」です!
久しぶりだなぁ、あらくれ聴くの何年ぶりだろう。
懐かしくて嬉しくてガンガン首振りました。
(ちなみに一昨年のクリスマスイブ以来だった…)
直枝氏の「九州ツアーのテーマになるだろう曲です」との紹介の後に
プレイしたのは「ハイウェイ・バス」
カネはこのライブの後に九州ツアーが控えてるんだよね。
(このライブレポを書いている現在はツアー真っ最中ですが)
ああ、このまま一緒に九州回りたい…と思わずにいられませんでした。
「ハッピー☆アンラッキー」に続いて
新曲の「獣たち」を初披露。
直枝氏が「CDRでもなくCCCDでもなく、ちゃんとしたCDです」
と発言してたのには笑いましたが。
そして次は3人でやるのは初めてという「REAL MAN」
イントロ聞いただけじゃ分かりませんでしたが
直枝氏が歌いだしてすぐREAL MANと気付き
まさかライブで聴ける日が来るとは思わなかったのでかなりビックリでした。
直枝氏はこの曲作った時の事にちょっと触れてました。
(例の改名の話です)
そして「学校でなにおそわってんの」「SUPER ZOO!」とノリノリの曲が続き
最後はもう定番となった「ANGEL」でした。

アンコールの1曲目はDAUGHTERをコーラスに迎えた「気楽にやろうぜ」
スミマセン、揺れる姉の乳ばかり見てました。
2曲目は堂島くんを迎えて堂島くんの曲「冒険者たち」
おお、私が知ってる数少ない堂島くんの曲だぁ。
(この曲がEDだったアクアキッズ見てますた。娘が)
大田氏のカメレオンのようなコーラスが聴けました。
(なんでも大田氏はボーカルの人に声を似せるのが上手いとかなんとか)
そして3曲目は「あの日どこかで」
九段会館の時と同じ最初が弾き語り風で
途中でドラムとベースが入るバージョンで
しっとりとした終わり方でした。
こういう終わり方、珍しいよね。
最近は煙突で押し合いへし合い飛び跳ねながら終了、
というパターンというのが多かったので
うーんなんか物足りない!
ちょっと肩透かしを食らったような気分でした。
お客さんも終わった後まだアンコールがあるんだろうと思ってるみたいで
(前回のアレもあったことですしw)
終わってスクリーンが下がってきてももなかなか帰ろうとしませんでしたねえ。
もちろん私もその中のひとりでしたが(笑)
やっぱさらにアンコールやってもらいたかったです。

カーネーションのセットリスト

1.スペードのエース
2.あらくれ
3.ハイウェイ・バス
4.ハッピー☆アンラッキー
5.獣たち
6.REAL MAN
7.学校でなにおそわってんの
8.SUPER ZOO!
9.ANGEL

アンコール

9.気楽にやろうぜ(with DAUGHTER)
10.冒険者たち(with 堂島孝平)
11.あの日どこかで

もうレポを書くのがずいぶんと遅れちゃって
もう殆ど記憶の彼方に飛んでってしまい、誰がいつなにを話したとか
全然覚えてないんですが
覚えている話をちょっと書いてみようかと。
大田氏はデイリースポーツ愛読者だそうです(笑)
(デイリー以外読みません!と断言してましたw)
デイリーの手相の記事が好きで、太陽線がどうのこうのと
かなり詳しく話しておりました。
それと矢部氏が人間メトロノームだという話も。
なんでも直枝氏が「115位の速さで」というと
ぴったり115でリズムを打つのだそうです。
すごい、というか人間離れしてます矢部氏。
(ドラムやる人ってみんなそうなんだろうか)
そして直枝氏が好きなのは97だそうです。

まあそんな感じで、今年初めてのライブ、とても楽しめました。
堂島くんもDAUGHTERもすごく楽しめて
1粒で3倍楽しめるという言葉がぴったりでした。
この気楽にやろうぜ、次回は6月に開催との事。
次はどんなゲストが来るのか予想してみて下さい、とこれは直枝氏の言葉。
もちろん次回も行きますとも。楽しみにしてます。フフフ。
私がアンケートに書いた人たちがゲストに来る日を夢見てます。
(ちなみに私が書いたのは、GREAT3とヒックスヴィルをゲストに呼んで
一夜限りのロッテンハッツを!なんだけど
…多分無理だろうなぁ…)



ライブindexに戻る

日記indexに戻る

ささみのお部屋indexに戻る








SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー