2004.12.27
Bumblebee Christmas&年忘れ Dinner Show
横浜サムズアップ


 
サムズアップの入り口。
ブログの画像がここに貼れるか、実験。
無理だったっぽい…_| ̄|○

このイベントは、直枝政広、上田ケンジ、豊田道倫によるインディーズレーベル
BUMBLEBEE RECORDSの毎年恒例のイベント…らしい。
ていうのも私が行くのは初めてだったんで。
毎年サムズアップでやってるみたいです。
このバンブルビーから出てるCD、私一枚も持ってないんで
行っていいものか相当悩みましたが
(直枝氏のソロのヤツも買ってません…_| ̄|○)
とある場所で「全然人が集まってない」という噂を聞きまして。
なんでもまだ一ケタとか、そういう話だったので
それならちょっと行ってみようかな…と思い
行ってきた、という訳です。はい。

そんな感じで、会社帰りにサムズアップへ。
しかしここでひとつの難関が。
SMAのカーネーションのサイトとサムズアップのサイトで
開演時間が、違う…
SMAは18時半、サムズアップは19時。
どっちが正しいんだよ!!!!!と思いつつ横浜に着いたのが18時。
初めての場所で迷いそうになりながらも会場に到着。
サムズアップは古き良きアメリカンな雰囲気の
おしゃれなバーって感じでした。
新宿ロフトプラスワンをアメリカンにした感じ?
(かなり無理矢理ですか)
会場にはまばらながらも人がいる。
どこに座ろうか迷ってたら、店員さんが
「どこでも好きな所でいいですけど、前の方が空いてますよ」
と勧めてくれたので、真ん中の一番前へ座る。
ありがとう店員さん!!!!!
目の前で弾き語る直枝氏をたっぷり堪能する事ができました。
お腹が空いてたので飲み物と食べ物を注文して
もりもり食べていた所、ギターを抱えた直枝氏がおもむろに登場。
なんと長袖Tシャツにジーパンですよ!!!!!
ステージ衣装じゃない直枝氏、久しぶりに見ました。
「最初に1曲やります」と言って「LONESOME BLACK BEAR」を弾き語り。
そして直枝氏の紹介で次にステージに上がったのは
アフロディーテファンクラブ
バンブルのゲストの所にも名前がなかったので
一体どんな人?お笑い芸人???と思ったんですがどうやら違うらしく
沖縄出身のHIPHOP DJなんかもやってる人らしいです。
面白かったです。ダイエットの歌が個人的にヒットでした。
私もマイクロダイエットやりたい〜(笑)
最後の「くるくるぴこぴこ」という曲では
無理矢理お客さんをステージに上がらせて
周りをくるくる回ったりしてました。
僅か15分ほどのステージでしたが、楽しめました。

そして次にステージに上がったのは、豊田道倫
なんか…暗い。コードもマイナーばっかり。
ええと、私好みの詩ではありませんでした。ごめんなさい。
とりあえずがんばって歌詞を聴き取ってたんですが
似たような歌詞が多くて…
「俺はいつか東京に帰る」とか「このまま生きていくのかこの街で」とか。
なんかもう…東京にコンプレックスでもあるのか?とか思ってしまいました。

豊田氏の次にステージに登場したのは
世界的詩人、白石かずこさんと久下惠生氏。
ていうか私、ここにくるまで知らなかったんですが
凄い…圧倒されました。
朗々と読み上げていく詩の世界を
久下惠生氏のドラムがドラマティックに盛り上げていく。
めくるめくドラマを見ているみたいでした。
読んだ詩は覚えてるのだけで6作。
(あとひとつかふたつ、タイトルが分からない)
ベネズエラの詩、スミコ、砂族、親愛なる者へ(英語読み)
リバーサイド、マイ・トーキョー
特にベネズエラの詩が良かったです。
砂族、リバーサイドなんかはネットで読める所があるので
興味のある方はどうぞ探してみて下さい。
どうでもいいですが、かずこさんの帽子の縁に糸くずが付いてて
取りたい衝動に駆られていたのはヒミツです。
(スタッフが何もしないところを見ると
そういうファッションなのか…と思ってしまった)

そして最後にステージに上がったのは、直枝氏。
「食べたり飲んだりしながら、気楽に楽しんでください」と語り
最初の曲は「センチメンタル」
うわぁ〜いきなりこの曲ですか、泣かせるつもりですか?
と思ったんですが、弾き語りなせいか涙は出ませんでした。
続いて「十字路」

まさかやってくれるなんて…(涙)

何だったか、インタビューかなんかで
「十字路は弾き語りをイメージして作った」
みたいな事を言ってたような記憶があり
私十字路がとても好きな曲なんで、一度でいいから
弾き語り十字路聴いてみたいなぁ、と思ってたんです。
それがまさか実現するとは…
今日ここに来て良かった、と思いました。
弾き語り十字路聴けただけで幸せです。
ありがとう直枝氏。
次の曲は刺繍いや詩集にも歌詞が載ってる未発表の曲で
「骸骨と貨物列車」です。
前のライブでも一度やったと申してましたが
私は始めて聴きました。
続いて直枝氏がお客さんに向かって
「今日ここに来てる人で、カーネーションのファンだという人いる?」
と唐突に聞きました。
なんだ???と思ったらなんと!
コーラスとして参加して欲しいとの事。
「先日急に思い立って、プリントしてきました」と
歌詞を渡しつつ「気楽にやろうぜ」
女性4人がステージ上にあがり、コーラスしてました。
なかなか心憎い演出じゃないですか。
(私もちょっとやりたかったかも…でも手はあげませんでした。
大田氏とコーラスでハモれるっていうんだったら
何が何でもやってたかもしれないけどw)
ライブでは初の「カウボーイ・ロマンス」の後
「好きなのに良く間違える」といって「あの日どこかで」を弾き語り。
金沢でも間違えたらしいです。今回は間違えて…ないと思う。
その後バンブルビー5周年の話になり
「今度はロンドンあたりでレコーディングしたい」
と、ソロ次回作の意気込みを語る直枝氏。
来年にでも出したいと言っておられました。
(時間あるのか???)
「JUICY LUCY」「ANGEL」と続きこれで終わりかな?と思ったら
(どうもANGELは最後の曲っていうイメージだ)
最初にやった曲で「多分聴いてない人もいるだろうからもう一度やります」
と「LONESOME BLACK BEAR」をプレイ。
しかも途中で「コードが一緒だから」と「トロッコ」に化け
さらに「Edo River」に化けました。
面白かったです。

直枝氏セットリスト
1.センチメンタル
2.十字路
3.骸骨と貨物列車(未発表曲)
4.気楽にやろうぜ
(with 気楽にやろうぜガールズ?)
5.カウボーイ・ロマンス
6.あの日どこかで
7.JUICY LUCY
8.ANGEL
9.LONESOME BLACK BEAR
(途中で〜トロッコ〜Edo River)

例によって2ちゃんのカネスレより転載。
名無しのエリーさんありがとう!

追記。
お客さん、結構たくさんいました。
関係者合わせて50人強はいたんじゃないかと推測。
それとどうでもいいことなんですが
私の座った席の関係で、なんと直枝氏が目線の先に…
(私の真正面に直枝氏の席があったんです)
うはぁ…舞台と直枝氏を交互に見てました。スミマセン。
タバコ吸ったり、がははと笑ったりしてました。
でも一番目を引いたのは詩人のかずこさんだったんですが。
あとステージの脇にあったキューピーちゃん。
全裸でちょっと高い所からステージを見下ろしてて
ある意味一番インパクトでかかったです。



ライブindexに戻る

日記indexに戻る

ささみのお部屋indexに戻る








SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー