2004.9.26
in the city TOKYO 2004 前夜祭
〜今年もJ-Standardです。
渋谷 NHKホール



NHKホールを原宿側からぱちり。

ええと、最初行くつもりはなかったんですが
@ぴあでこのイベントのチケットを10組20名にプレゼントというメールを見て
当たったらいいな〜くらいの感覚で応募したら見事当選してしまい。
招待状1枚で2名入れるとの事だったので
娘とふたりで行ってきました!

最初一般ご招待の所で招待状をチケットに換えてもらったんですが
10組20名どころか、50組100名様くらい招待してそうな勢いでした。
私が招待券ゲットしたのは@ぴあだったんですが
どうやらディスクガレージでも同様の事をしていたらしく…
つまりチケット全然売れてなかったって事すかげふんげふん。

そしてチケット交換のお姉さんに無理を言って
後ろの方の、扉に近い一番端っこの方の席にしてもらいました。
(だって、娘が暴れるの目に見えてので…)
まあ、この選択は間違っていなかった。
だって予想通り暴れまくってました、娘!!!!!
スミマセン、本当にスミマセンでした。L10席の近くにいた人この場でお詫びします。
(ちなみにL、Rとも端っこの座席は全部空いていて
おかげさまで娘の格好の遊び場になってました…_| ̄|○)
めちゃくちゃ申し訳ない。
何度も暴れては出たり入ったりしてました…_| ̄|○
こういうコンサートは娘にはまだ早かったですね。はい。
いや、まだすごくうるさい曲だったら暴れようが大声出そうが文句言わないのよ。
ただピアノとボーカルだけ…みたいな曲の時に大きな声は…_| ̄|○
あああスミマセン。本当スミマセン。

まあこんな感じだったんであまり内容覚えてないんですが
イベント自体はとても楽しかったです。
こんな豪華な面子が集まるイベントなんてそうそうないだろうし。
覚えてる範囲で内容を書くと、一人のアーティストがカバー曲と
あと自分のオリジナル曲を一曲歌うという内容で、全部で10組。
高野氏とGREAT3の片寄氏はホストって感じで、ずっと出ずっぱりでした。
一番最初に高野寛氏と片寄氏がなんと「ベステンダンク」を熱唱。
もう鳥肌ものでした(ベステンダンクの頃の高野寛、大好きなのよ)
あと面白かったのは堂島孝平とMCU+浜崎貴司
(MCUって誰?と思ったらKICK THE CAN CREWの人なのね)
特に堂島くんは会場を総立ちさせてました。
堂島くんのステージ初めて見たんですが、得意のバク転も見られて(゜д゜)ウマーでした。
(そういや捻挫してたんじゃなかったっけ…ってそれは先月の話か)
堂島くんはオリジナル曲が「45℃」
カバーの曲は大瀧詠一の「ペパーミント・ブルー」でした
MCU+浜崎貴司はカバー曲が「幸せであるように」
(フライングキッズの名曲…って自分の曲じゃん!)
オリジナル曲は「サーフライダー」ですた。
私が見たかったカーネーションの直枝氏は最後から2番目ですた。
直枝氏は岡村ちゃんの「あの子ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」
(タイトル長いよ)と「OOH! BABY」でした。
しかしものすごく豪華なうーべいべーだったなぁ。
なんと加藤いづみちゃんと高野氏と片寄氏がコーラスなんですよ!!!!
こういうイベントじゃないと聴けないだろうねぇ。
なんか得した気分でした。
で、最後に出てきたのはムーンライダーズの鈴木慶一氏。
やっぱり昇天しそうな勢いで歌ってました。
(直枝氏コーラス&ギターでした!)
慶一氏はムーンライーダーズ以前にやっていたバンド
はちみつぱいの「塀の上で」と
カバー曲はシバの「淋しい気持ちで」でした。
最後に高野氏の「hibiki」で終わり…だったと思う。

ちなみに娘は直枝氏が出てきた辺りで寝てしまい、最後まで起きませんでした。
ママとしてはじっくり聴けて嬉しかったんですが
寝てる間抱っこで立ちっぱなしだったんで疲れますた。
そして私が娘を抱いて直枝氏を見てるすぐ横には
H根氏と思われる方がいますた。
しかしなんか関係者?がめちゃくちゃ多いイベントだったなぁ。
ホールの外に出たらうようよしてました。

それと堂島君と慶一氏の分からなかった曲名は
こちらのサイトから転載しました。ありがとうございます!






ライブレポTOPに戻る

日記indexに戻る

ささみのお部屋indexに戻る








SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー